ホテログ

ホテル・旅館レビューブログ

アクセスは?コンラッド大阪に泊まった感想

今回、私が泊まったホテルは大阪市北区中之島にあるコンラッド大阪です。

中之島にある国際会議場で仕事があり、翌日の仕事も朝8時からと早い時間であったため、中之島周辺のホテルに泊まるように手配しました。

この周辺にはたくさんの大きなホテルが立ち並んでいますが、忙しい時間でも多少の癒しがほしく、夜景を見ることができ、大きなお風呂に入りたいと思い、ホテルを検索した結果出てきたのが、コンラッド大阪でした。

よく調べるとヒルトンと同じグループ会社・・・だから高級感があるのか!と納得しましたよ。

コンラッド大阪までのアクセス

私は今回博多から新幹線で新大阪に行き、ホテルまでタクシーで移動しました。新大阪からタクシーで約20分。ホテルに到着しました。

このホテルは地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」、京阪中之島線「渡辺橋駅」にとても近いです。また梅田にも徒歩で行けます。(女性の場合、ヒールでなければ可能な距離だと感じます)

いざホテル内へ

ではまず、ホテルの1Fのエントランスからご紹介します。

これホテル?と思えるほど、シンプルかつ大人のエレガントさを感じる造りになっています。入口を入ると30mほどの長い廊下を歩きます。この廊下もとてもエレガントで天井も高く、思わずきょろきょろしてしまいます。

廊下の突き当りにはキラッキラのハイセンスなシャンデリアがあり、エレベーターがありました。

あれ?ロビーは・・・?なんとロビーは1Fではなく、40Fだったのです。

ロビーまで行くまでに長い廊下を歩き、なんと40Fまで・・・。疲れた体には少し厳しい。しかし、その疲れも吹っ飛ぶエレベーターのゴージャスさ。ここでも思わずきょろきょろと挙動不審になってしまいます。

そして40Fのロビーへ。

エレベーターの扉が開いた瞬間です。「Wow」「わぁー!」と乗っていた人、ほとんどがため息をつきました。

そこには大きなアートのように、大阪の街の景色が広がっていました。(一先ず、みんなそこで写真を撮るような感じですね。)

ロビーのスタッフは各個人の解釈で異なるとは思いますが、一般的なホテルの対応とは少し感じが違うように感じました。海外のホテルで海外のスタッフだと感じると腑に落ちるのですが、少しガサツというか、ギャルチックな印象を受けました。

客室内へ

その後、36Fの客室へ。このコンラッドは外資系のホテルだからか、外国のような造りだと感じました。客室はそれから下に下がるからです。

客室までのエレベーター、部屋までの廊下がまたとても大人の雰囲気がムンムンです。このホテルに連れていけば、確実意中の人を落とせるのではないかと思えるほどでした。

そして部屋の中へ。部屋に入るととても薄暗い印象を持ちましたが、ベッドの部屋に行くととてもきれいで広い窓、広いベッドが私を待っていてくれました。

おそらくこの部屋はスタンダードな部屋だと思いますが、とてつもないリッチ感を味わえます。置いてあるテレビはとても大きく、お茶やコーヒーなども通常のホテルには置いてないようなものが置いてありました。

ベッドの上にはコンラッドの名前が記載されたアヒルと小さな熊のマスコットがぽつりと置いてありました。これは持って帰ってよい物らしく、お土産に持って帰ることができます。

何よりもびっくりしたのはこのお風呂。丸くてかわいいので、ベッドに置いてあったアヒルを浮かべて入りました。

今回は仕事が遅くまであったため大浴場にも入れず、朝も早かったので朝食も付けることができなかったのですが、今度時間があるときにまたこのホテルに泊まり、朝食を頂いてみたいと思いました。

チェックアウトも比較的遅く、時間があればもっとホテル内を満喫したかったなと後悔してしまうほどのホテルです。悩んでいる方は是非参考にしてみてください。