ホテログ

ホテル・旅館レビューブログ

朝食はレストランHatagoへ!天然温泉霧桜の湯ドーミーイン鹿児島に泊まってみた

 

今回は1泊で鹿児島県鹿児島市西千石町にある「天然温泉霧桜の湯ドーミーイン鹿児島」に宿泊しました。このホテルは、鹿児島市の中心駅、鹿児島中央駅から市電で5分ほど乗り、最寄り駅の「高見馬場」で下車後、徒歩2分の場所にあります。

 

f:id:zakkiblog:20180606061608j:plain

 

また、鹿児島中央駅から、徒歩でも十分行ける距離(15分ほど)なので、時間のある方は、明治の偉人「大久保利通」の銅像を眺めたり、西郷隆盛が幼少時代に過ごしていた加治屋町に寄り道しながら行くのもいいかもしれません。また、南九州最大の繁華街「天文館」にも徒歩で5分ほどの場所にあるので、夕食に事欠くことはありません。

 

f:id:zakkiblog:20180606061618j:plain

 

今回、鹿児島市内を「かごりん(レンタルサイクル)」で回ったのですが、ホテルの近くにサイクルポートがあったので、大河ドラマ「西郷どん」の「西郷どん 大河ドラマ館」や「維新ふるさと館」、西郷隆盛銅像などに足を運ぶのにとても便利でした。(鹿児島市内はほとんど平坦なので、自転車は便利です。)

 

f:id:zakkiblog:20180606061946j:plain

 

天然温泉霧桜の湯ドーミーイン鹿児島にチェックイン

ホテルは13階建てとなっており、2階がフロント、ロビー、レストラン、4階~12階が客室、そして13階がこのホテルの一番の売りである、大浴場となっています。実は、鹿児島市は温泉を利用した公衆浴場の数が県庁所在地の中で日本一ということで、こちらのホテルも、もちろん天然温泉です。

 

f:id:zakkiblog:20180606062250j:plain

 

エレベーターは2台あり、今回は9階に案内されました。チェックイン後は、1階からフロントを通らずにエレベーターで部屋に行けるのは良いのですが、エレベーターは混んでいることが多く、待たされるのが少々難です。

 

f:id:zakkiblog:20180606061745j:plain

 

部屋に入ると、オートロック錠で、キーを指すと電気がつく、ダブルベッドの部屋でした。(部屋面積:15㎡ ベッドサイズ:140×195cm)部屋の設備は、無料Wi-Fi、冷蔵庫、テレビ(BS無料)、セーフティーボックス、電気ケトル、消臭スプレーなど最低限のものが完備され、また、お茶(緑茶)がありました。

 

バスタブ、トイレ周り

f:id:zakkiblog:20180606061756j:plain

 

バス・トイレはセパレートタイプで、もちろんウォシュレットトイレですが、大浴場がある関係で、バスは浴槽なしのシャワーとなっています。アメニティーは、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、ハミガキセット、カミソリ、くし、ブラシ、ボディスポンジ、フェイスタオル、バスタオル、部屋着(スウェット)となっていまが、綿棒がなかったのが少々残念でした(大浴場にはあります)。

 

f:id:zakkiblog:20180606061828j:plain

 

大浴場が売りのホテル!

なお、大浴場へ行く場合は、部屋着を着用の上、部屋にある大浴場専用のタオルを持っていく必要があります。その大浴場ですが、内湯、露天風呂、高温サウナ、水風呂があり、営業時間は午後3時から翌朝午前10時までとなっています。

 

f:id:zakkiblog:20180606061924j:plain

 

なお、高温サウナは午前1時から午前5時の間は利用できません。また、女湯の入口は、暗証番号を入力しないと入れないので安心です。泉質はナトリウム・塩化物炭酸水素となっており、星空を眺めながらの露天風呂は、本当にここは鹿児島市の中心部なのかというのを忘れてしまうほどリラックスできました。

 

f:id:zakkiblog:20180606062332j:plain

 

朝食は美味しい(Hatago)

朝食は、2階のレストラン「Hatago(はたご)」で頂きました。朝食は6時30分から午前10時までとなっており、最終入店は午前9時30分となっています。

 

バイキング方式で、この日は、ご飯、パン(3種類)、さつま汁、さつま揚げ、黒豚のしゃぶしゃぶ、かつおのたたき、奄美鶏飯、納豆、大根おろし、サラダ(キャベツ、トマト、キュウリ、ポテト、スパゲッティ)、鮭の塩焼き、ウィンナー、目玉焼き、ヨーグルト、フルーツ(パイナップル、オレンジ)など鹿児島の郷土料理を含め約25種類のメニューでした。

 

f:id:zakkiblog:20180606062055j:plain

 

飲み物は、コーヒー、牛乳、オレンジジュースなど約10種類でした。メニューは豊富で良かったのですが、私たち夫婦が行った午前9時過ぎも少々混んでおり、宿泊客数の割には、レストランは少々狭いのかもしれません。

 

利用される際は、部屋のテレビでレストランの利用状況を確認できるので、そちらをご覧になるのをおススメします。(大浴場も利用状況を確認できます。)なおこのレストランは、午後9時30分から午後11時までは「夜鳴きそば」を無料提供しているそうです。

 

f:id:zakkiblog:20180606062310j:plain

 

今回は朝食付きで1万円弱と、満足できた内容でしたので、次回鹿児島にきたら宿泊したいと思います。なお、チェックアウト後は、鹿児島中央駅への無料送迎バス(完全予約制)が平日は午前6時半から、土曜・休日は午前7時から30分おきに出ていますので、そちらも便利ですよ。