ホテログ

ホテル・旅館レビューブログ

アクセスは?ホテルグランテラス千歳の宿泊レビュー(バスや朝食等々)

 

今回、2月に札幌で観光をかねた観劇のために旅行に行ってきました。

昨年12月末に「18時以降チェックイン、10時チェックアウト、シングル・禁煙・素泊まり一泊7000円」で予約しましたが、一週間前の宿泊確認メールをきっかけに再検索したところ、同条件で直前割5500円を発見!すぐに予約変更しました。(笑)

そのホテルこそが今回泊まった「グランテラス千歳」です。

2月は札幌市内のホテルが割高なこともありますが、自然と温泉を気楽に堪能できる千歳や北広島のリゾート要素の高いホテルでまったり旅を始めるのが最近のお気に入りです。中でも予約時にこのホテルに惹かれたポイントは大浴場と無料サービスが充実していたから。

では早速宿泊レビューいきますよ~!泊まろうか悩んでいる方はぜひ!

グランテラス千歳のアクセスは?

ホテルへのアクセスは1時間に一本の新千歳空港からとJR千歳からの無料送迎バスになります。検索するとJR千歳からタクシーか約20~30分の徒歩になるようですが、14時以降であればJR千歳からホテルまでのタクシー代を払ってくれるサービスがあります。

私は新千歳空港1番バス乗り場の先に停車されていた21時発の送迎バスに乗り込みました。約15分程度でホテル到着です。送迎バスは時間の制限がありますが、方向音痴には安心の嬉しいサービスです。困ったら無料送迎バスがおすすめですよ。

いざ、チェックイン

チェックインカウンターは先に到着していたジア系の団体でかなり混んでいました。10分ほどホテルのチラシなどを見ながら待っている間に、50品目のビュッフェ朝食がかなりおいしそうに見えてきたのと手際良いスタッフさんの対応が気持ち良く、つい朝食1200円追加してしまいました。(笑)

ロビーから左手にライトアップされた雪の中庭を楽しみながら渡り廊下を進むと、突き当たりに大浴場の看板を確認。ですが、まずは右手へ曲がり個室へのエレベーターに乗ります。宿泊階に到着すると飲み物の自動販売機が目に入ります。ホテル内にしては価格が良心的です。

グランテラス千歳の客室内

部屋に入ると広くはないですが、圧迫感を感じません。きっとクリーム色基調の内装と間接照明のおかげでしょうか。正面のカーテンを開けると先程の雪と照明の綺麗な中庭が見えてテンションあがります。

ダウンコートを入口すぐのロッカーにいれてブーツをスリッパに履き替えてほっと一息。

バスルームも広めのユニットバスを採用

バスルームも普通のビジネスホテルよりは広めのユニットバスです。 トイレや洗面所の水の流れもストレスなく、なにより清掃が行き届いていてとても気持ち良いです。

お風呂は大浴場に向かいましょう。

タオルと着替えを持って部屋を出て、チェックインカウンターで自室のカギと大浴場のカギを交換します。(女湯だけは入口施錠式の為)22時過ぎの時間帯で先客は1人だけでした。脱衣所も浴場もだいたい10名強が定員くらいの広さ。

シャワーの水量がちょっと少ない気がしましたが、出しっぱなしが出来るタイプなのでしっかり洗えます。湯船のお湯は熱すぎず丁度よく、循環装置でもあるのか透明で清潔感があり安心してゆっくり浸かっていられます。

一面窓がありますが、夜なのも併せて照明が少々暗め。水の音と合わせて癒し効果がありました。

無料マッサージ器まで…

さて、体もしっかり温まりカウンターにカギの交換に行ったところ、ロビー端の奥の無料マッサージ機2台のうち1台の空きが出たのですかさず占領!

足先から首までしっかり揉みほぐし、腰や背中を反らして充分縮まった体を緩めてもらえて日ごろの疲れがリセットされました。この後の旅を満喫する態勢が整いましたね。(笑)

グランテラス千歳のレストラン

そうなるとちょっと小腹が空いてきます。そのままロビー奥のレストランへ直行。閉店後のレストランで深夜0時までの無料お茶漬けがありました。同じタイミングで入った男性はお代り2杯はしていた模様ですが、私は一杯とあったかいほうじ茶で満足です。

23時頃にも関わらず元気なってしまったのでロビーを見渡すと、漫画コーナーが見えます。部屋に持ち帰ってもOKとのこと。懐かしい漫画をぱらぱらめくっていましたが深みにはいると寝れなくなってしまうので我慢して棚に戻しました。

漫画コーナーの横はギャラリーです。パステル調の風景画が展示販売されています。安いもので5500円。飾ればカフェ気分になるような温かみのある色調の絵で購入を迷いましたがこちらも我慢。

ギャラリーを出るとコーヒーマシンが見えました。豆から挽くタイプのマシンで早速カップを装着しましたが、水が入っていない表示が出ています。スタッフさんにお願いして水を補充していただき、0時前にも関わらず香り高いコーヒーを堪能してしまいました。

コーヒー好きなので翌朝チェックアウトまでに3杯いただきました。本当に美味しかったです。他にも6種類のフレーバーティーのパックがあり惹かれました。

部屋に戻り就寝まで

淹れたてコーヒーを持ちながら自室に戻り、部屋着に着替えます。こちらの部屋着はワッフル調のふんわりした生地の前ボタンの長めのシャツガウンのような形でした。浴衣やガウンのようにはだけることなく着心地良くくつろげました。

更に、ベッドに入ってビックリ。マットの感触がすごく良いです。

そういえば、HP(ホームページ)に人間工学に基づくサ―タ社製のこだわりマットレスと書かれていました。しっかり体を支えつつもつつみ込まれるような初めての感覚でした。一瞬にして眠気に引き込まれ、あっさりと朝になっていました。久しぶりの熟睡感です。

朝起きて朝食へ!

アラームが鳴る前に目が覚めたので早々に着替えて、お楽しみの朝食に向かいます。さすが50品目。サイズはほとんど一口サイズなのでたくさんの種類が楽しめます。

気にいったのは網焼きでアツアツの焼き魚とフレンチトースト。50品種ならではの食事を楽しみました。チェックアウトまで少し時間があったのでホテルを出てみました。道路をはさんで向かいにコンビニがありましたので、エレベーター前に電子レンジがあったのも納得しました。

チェックアウトはカギの返却だけなので1分も掛りません。チェックインの際に翌日10時30分発のJR千歳までの送迎バスの予約をしていましたので、チェックアウト後30分ほどをロビーで過ごしました。

館内フリーWiFiが使えますのでPC作業もサクサクできます。ロビーにはプリンター付きで貸出PC2台設置されていました。スナックの自動販売機もあります。

まとめ 泊まってよかった

たった12時間ほどの滞在を思い言い切り楽しんで朝食込み6700円はかなり満足です。 スタッフの対応もスマートで温かく、清掃が行き届いています。館内のどこにいても清潔感がありますので大満足の★★★★★5点満点です。もし悩んでいる方がいたらぜひ泊まってみて下さい!それでは。