ホテログ

ホテル・旅館レビューブログ

「レビュー」伊豆高原のかえで庵は英国調アンティークホテルだった!

今回私が泊まったのは、静岡県伊東市の伊豆高原温泉にある、英国調アンティークホテルで有名な「かえで庵」です。

 

f:id:zakkiblog:20180417120548j:plain

 

最寄り駅はJR伊東線の伊豆高原駅で、そこからタクシーを利用して10分程度の場所にありました。伊豆高原温泉には「伊豆シャボテン公園」もあります。

 

TVでよく見かける、温泉に入ってからだをあっためているかわいいカピバラの家族を見ることができるのも楽しみの1つです。

 

また、電車を利用する場合は有名な観光地である熱海を経由していくので、熱海の観光スポットを巡ったり食べ歩きをしてから伊豆高原温泉に行くこともできます。

 

私も熱海で色々な場所を観光してからホテルに向かったので、ホテルに着いたのは夜の19:00頃でした。

 

かえで庵にチェックイン

タクシーで到着すると、ホテルの従業員の方に出迎えていただきました。まだ寒い1月に行ったので、雪が少し積もったままで、ほんのりライトアップされたホテルの外観とマッチし、まるで外国のような雰囲気をかもしだしていました。

 

フロントでチェックインをしましたが、名前を伝えサインを書くだけだったので非常にスムーズです。夜ご飯は外で済ませてきていたので、すぐにお部屋に案内していただきました。

 

部屋の中は英国調アンティーク!

f:id:zakkiblog:20180417120713j:plain

 

お部屋に置いてある家具はすべてアンティークのもので、部屋にいるだけでイギリスの雰囲気を味わうことができます。

中でも、天蓋付きのベッドはとてもかわいく、普段の生活では味わえないような体験となりました。

 

ウェルカムドリンクとちょっとした手作りお菓子も置いてあり、到着早々ゆっくりとリラックスできました。

 

部屋に露天風呂がある

また、お部屋でもう一つ特徴的なものが。部屋付き露天風呂です。私がこのホテルに決めた理由の一つがこの露天風呂だったので、とても楽しみにしていました。

 

f:id:zakkiblog:20180417120804j:plain

 

実際に露天風呂を見てみると、遠くに海を望むことができるとても開放的な露天風呂でした。早速露天風呂に入りましたが、お湯加減も丁度良く、とても気持ちよかったです。

 

旅の疲れが吹き飛ぶようでした。もちろん室内にもバスタブがあり、中で体を洗うことができるので、寒い時期に行っても安心です。

 

室内のバスタブも日本では中々みかけないようなバスタブでした。アメニティも基本的なものはすべてそろっており、特に困るようなことはありませんでした。

 

f:id:zakkiblog:20180417120940j:plain

 

いわゆるユニットバスタイプのお部屋でしたが、バスルーム自体が一般的なホテルと比べて広く、バスタブ・トイレ・洗面台がすべて少しずつ離れています。

 

なので水でトイレがビチャビチャになったり、湿気で洗面台の鏡が完全にくもってしまい見にくいということはありません。

 

f:id:zakkiblog:20180417121006j:plain

 

朝食は部屋で

朝ご飯はお部屋に持ってきていただけました。オシャレでとてもおいしい朝ご飯でした。アンティークの机と椅子で食べるご飯は、特に美味しく感じました。

 

また、私は食物アレルギーをいくつか持っているのですが、そのことを宿泊前に前もって伝えておいたこともあり、特別にアレルギー食品を使っていないお料理を出していただけました。

 

アレルギーは直接健康に関わることなので、その点を考慮して頂けたことで安心して朝ご飯を楽しむことができました。非常に丁寧に対応していただき、大変うれしく思いました。

 

かえで庵、チェックアウト

チェックアウトもチェックイン同様スムーズです。

 

領収書も支払う私にだけ見えるようにそっと提示していただけました。もちろんクレジットカードでの支払いも可能です。

 

また、帰りにタクシーを呼んでいただいたのですが、フロントの方に「タクシーが来るまでのあいだに、ホテルの前で写真をお撮りしましょうか」と提案していただいたので、ホテルの前で記念写真をとっていただきました。

 

すべてが素晴らしいホテルで、非常によい思い出になりました。また行きたいと思っています。