ホテログ

ホテル・旅館レビューブログ

海一望!鳥取県のベイサイドスクエア皆生ホテルに泊まってみた!

今回は鳥取県米子市皆生温泉にある「ベイサイドスクエア皆生ホテル」(かいけホテル)というホテルに宿泊してきました。ホテルのポイントは、海岸のすぐそばの立地であり、部屋から波の音も聞こえ海も見渡せることです。最高ですよね。

そして、イカの季節には海の上に灯りが…。夜はとってもロマンチックです。今回はベイサイドスクエア 皆生ホテルに宿泊をした感想と詳しい情報(アクセス面、部屋の雰囲気)をお伝えします。米子市皆生温泉に宿泊予定の方は是非参考にしてみてください。

ベイサイドスクエア 皆生ホテルまでのアクセス

このホテルのアクセス方法は、JR山陰線・伯備線米子駅より皆生温泉行バスで約20分。 米子道米子ICより国道431 約20分ナビでは、裏手に案内される事が多いみたいなので少し注意が必要です。駐車場も広々していて駐車しやすく、アクセスはやはり車がベストかなと感じました。

徒歩数分の所にコンビニ、食事はラーメン、居酒屋等もあり、昔ながらの温泉街の良い雰囲気がとっても良かったです。まじかに海を望むことができ、公園もあり子供と遊ぶのにももってこいの立地となっています。車で行くなら地元名産品のカニや海産物を持ち込み、部屋でゆっくり食べてみるのも良いですよね。

夕食朝食プランは満足

私はこのホテルの予約を「夕食朝食付き」のプランにしました。夕食は離れた提携の店に案内され、車で3分くらいの所ですが車での無料送迎付きでした。

少し良い肉のプランを注文しましたが、値段の割にとってもおいしかったです。食事の場所の雰囲気は、一階入口に囲炉裏もありとっても落ち着く場所でした。トイレの水圧が弱いのか流れにくい点はありましたが、仲居さんもとっても良い方で助かりました。(苦笑)

朝食はホテル一階徒歩1分の所にあります。ホテル連結しておらず少し歩くことが必要です。海岸も見る事もでき、バイキング形式の朝食でした。とっても種類がありおいしかったです。朝カレーもありましたね。子供の椅子もあり充実しています。朝に温泉に入りその後朝食を食べ海を見ながら充実した朝食を食べることができました。

ベイサイドスクエア皆生ホテルの部屋は海が一望!

ホテルを入るとすぐ横に観光のパンフレットと、ちょっとしたおみやげが販売しておりその向こうにフロントがあります。そしてその向こうには海が見えます。奥まどの向こうには壮大な海、その手前には一段上がった畳があり掘りごたつのようになっています。

TVのサイズは少し小さめですが、TVよりも海を眺めるほうが良いかと思います。(笑)そしてホテルではあたりまえの装備ですが、冷蔵庫、ポット、荷物入れのハンガー、歯ブラシ、バスタオル、加湿器、エアコンは部屋独立のエアコンでした。十分満足ですね。

通信は無線LAN・有線LAN共にあります。髭剃りなどは一回のロビーにあり、浴衣はエレベーターホールにて自分にあったサイズを選ぶことができます。ちなみに子供用のサイズもありました。

部屋のお風呂+大浴場

部屋に浴室(お風呂)があります。ですが、おすすめはやっぱり大浴場。朝風呂も楽しむことができます。部屋の鍵が必要ですが、フェイスタオルは持参しなくても入浴前に一人一枚借りることができます。

露天風呂もあり、そこからも海を見ることができます。温泉はしょっぱい湯で少し温度が高めの43度くらいでした。シャンプー等の設置もあり、サウナもありましたね。

朝食も子供の椅子があり、セルフでしたがおいしいものが沢山あり、朝カレーもありました。おいしかったのでついついたくさん食べてしまいました。大山の卵で温泉卵やゆで卵も準備されていました。

近隣ですが宍道湖のシジミの味噌汁を少し期待していましたがありませんでした。こればかりは仕方ないですね。(笑)

宿泊してみた感想

今回宿泊しての感想ですが、とっても気持ちよく泊まることができました。 ホテルすぐ横の公園で遊ぶのも良し、浜辺で遊ぶのも良し。子供を連れての家族旅行で行くと楽しめそうです。カニの季節、海水浴の季節など、四季を通して楽しめるので旅行の方は是非利用してみてください。それでは。