ホテログ

ホテル・旅館レビューブログ

「ホテルリブマックス鹿児島」の宿泊レビュー(朝食や周辺情報)

 

「ホテルリブマックス鹿児島」は鹿児島市小川町にあるビジネスホテルです。今回、主人と1泊宿泊しました。

 

このホテルは、鹿児島市の中心駅、鹿児島中央駅から市電で20分ほど乗り、最寄り駅の「水族館口」で下車後、海側に歩いて約2分の場所にあります。

 

f:id:zakkiblog:20180502060517j:plain

 

ホテルリブマックス鹿児島の周辺情報

鹿児島市の繁華街「天文館」からは市電で約10分、鹿児島観光の代名詞とも言える「桜島」に向かう「桜島フェリー」の発着港である「桜島桟橋」からも徒歩で3分ほどの場所にあり、とても便利です。

 

今回は、レンタカーでホテルに行ったのですが、鹿児島市中心部では珍しく、駐車代が無料でした。近隣のホテルの駐車料金は、800~1,000円/泊なので、ランチ一人分浮いた感じです。

 

f:id:zakkiblog:20180502060542j:plain

 

また、先着順ですが、レンタサイクル(300円/日)があり、天気がよければ、西郷隆盛銅像や大河ドラマ「西郷どん」の「西郷どん 大河ドラマ館」、西郷隆盛や大久保利通など鹿児島の明治維新の立役者について知ることのできる「維新ふるさと館」に足を運ぶにはとても便利です。(鹿児島市内はほとんど平坦なので、自転車は便利です。)

 

f:id:zakkiblog:20180502060559j:plain

 

また、長期宿泊者のためにコインランドリーが併設されています。ホテルは13階建てとなっており、1階がフロント、ロビー、レストラン、2階が会議室、4階~13階が客室となっています。

 

チェックイン

f:id:zakkiblog:20180502060616j:plain

 

フロントの方は、夜9時半過ぎの遅いチェックインにもかかわらずとても丁寧な対応で、気持ちよくチェックインができました。エレベーターは2台あり、今回は9階のシングルルームに案内されました。

 

f:id:zakkiblog:20180502060637j:plain

 

入ると、オートロック錠で、キーを指すと電気がつく、セミダブルベッドの部屋でした。(部屋面積:13㎡ ベッドサイズ:120×195cm)部屋の広さは2人利用の場合、少し狭い印象はぬぐえませんが、ベッド自体はセミダブルなので、寝るだけと思えば十分でした。

 

部屋の設備は、無料Wi-Fi、冷蔵庫、テレビ、電気ケトル、ドライヤー、消臭スプレー、使い捨てスリッパなど最低限のものが完備され、ドリップコーヒー、お茶(梅こぶ茶)がありました。

 

f:id:zakkiblog:20180502060649j:plain

 

また、冷蔵庫には、ウエルカムドリンクとしてリブマックスオリジナルのミネラルウォーター(500ml)が2本入っていました。

 

バス・トイレ・その他

f:id:zakkiblog:20180502060703j:plain

 

バス・トイレはユニットバスとなっており、もちろんウォシュレットトイレです。アメニティーは、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、ハミガキセット、カミソリ、くし、ブラシ、ボディスポンジ、コットン、綿棒セット、フェイスタオル、バスタオル、ガウンとなっています。

 

チェックイン時には、女性・男性ともにDHCのアメニティーを頂けます。

 

海南風で朝食

f:id:zakkiblog:20180502060717j:plain

 

朝食は、1階のレストラン「海南風(かいなんぷう)」で頂きました。朝食は6時30分から午前9時30分までとなっており、ラストオーダーは午前9時となっています。

 

バイキング方式で、この日は、ご飯、パン(2種類)、味噌汁、納豆、海苔、ちりめんじゃこ、さつま揚げ、軟骨の煮物、大根おろし、サラダ(キャベツ、トマト、キュウリ、ポテト、スパゲッティ)、鯖の塩焼き、ウィンナー、スクランブルエッグ、大根と人参の煮物、切り干し大根、フルーツ(パイナップル、オレンジ)など約20種類のメニューでした。飲み物は、コーヒー、牛乳、オレンジジュースなど約10種類でした。

 

f:id:zakkiblog:20180502060734j:plain

 

和食中心のメニューなので、洋食好きの方にはあまりお勧めできません。また、食後のコーヒーを頂きましたが、あまり美味しくなく、少々モヤモヤした気持ちで主人と部屋に戻りました。

 

しかし、気分転換を兼ねて朝日を浴びようとカーテンを開けると、目の前に青い海と、どっしり海に浮かぶ桜島が見えて、「あー鹿児島にきたなあ。」と実感できる眺望で、一気に気分は上々になりました。

 

f:id:zakkiblog:20180502060806j:plain

 

今回はゴールデンウイークということで、朝食付きで13,800円でしたが、食事以外はコスパ的に満足できた内容でしたので、次回鹿児島にきたら宿泊したいと思います。

 

なお、素泊まりされる方も、ホテルの前が「ニシムタ」という地元の大きなスーパーがあるので、お弁当や日用品を購入できるので問題ないと思います。