ホテログ

ホテル・旅館レビューブログ

なばなの里を見て宿泊!長島温泉ガーデンホテルオリーブ宿泊レビュー

 

3月の上旬、三重県桑名市にある長島温泉ガーデンホテルオリーブで宿泊しました。長島温泉といえば有名なナガシマスパーランド(遊園地)があり、子供時代には何度か遊びにいったことがありましたが、宿泊するのは今回が初めてでした。

伊勢湾岸自動車道の湾岸長島ICから案内表示に従ってスムーズにホテルまで到着。車寄せには担当の方が笑顔で迎えてくださり、荷物を降ろしてフロントまで案内してくださいました。

ホテルからイルミネーションで有名ななばなの里や、ジャズドリーム長島(三井アウトレットパーク)、湯あみの島(温泉施設)へ連絡バスが出ているので、担当の方が常に車寄せに立っており、てきぱきとお客さんを案内していました。

チェックイン

チェックインを無事に済ませると、係りの方が荷物を持って部屋まで案内してくれました。部屋の窓から遊園地の観覧車や乗り物が見えてテンションUP!「ホテル」という名前がついていますが、部屋は畳の和室で、テーブルの上にはお茶請けのお菓子も置いてあり、温泉旅館というほうが合っているかもしれません。

設備も充実していて、洗面所にもトイレ内の洗面台にもペーパータオルが設置してあり、ポットにはお湯が入っていてすぐにお茶が飲めるようになっていました。

なばなの里が近い!

今回の宿泊の目的は、なばなの里のイルミネーション。チェックインしてからイルミネーションまで少し時間があったので、ナガシマスパーランド内をお散歩。通常は1600円の入場料(乗り物は別料金)がかかりますが、オフィシャルホテルに泊まると無料の通行証をもらえるので、それを見せて入場します。

また、この通行証を持っていると開園時間の10分前に入場することができるので、人気の絶叫マシーンに乗りたい方は並ばずに朝イチで乗ることができますよ。

ちなみにこの通行証はとってもお得で、ナガシマスパーランドの入場が無料&開園時間の10分前に入場できるだけでなく、なばなの里もイルミネーション開催時は通常2300円(1000円の金券つき)の入村料が無料になり、別料金(1000円)のベゴニアガーデンにも1回無料で入ることができます。

さらにさらに、併設している温泉施設「湯あみの島」も通常料金は2100円ですが、チェックアウトの日まで無料で入ることができます。つまり、長島温泉のオフィシャルホテルに泊まると、ナガシマリゾートが運営している施設に無料で入ることができるので、大人1名あたり7000円お得に過ごせちゃうわけです。

宿泊料金は少し割高に感じるかもしれませんが、これらの施設が利用できると考えると十分に納得できます。

なばなの里のイルミネーションを満喫してホテルに戻り、ホテルのウリにもなっている夕食会場へ。バイキングのお料理がとっても充実しています。ハマグリやサザエの焼き物、カニが並んでおり、目の前でステーキや天ぷら、お寿司を仕上げてくれるカウンターもあります。

どれから食べようか悩んでしまいました。お子さまからご年配の方まで年齢を問わず楽しめるラインアップになっていましたよ。

大浴場が

夕食のあとはいよいよ温泉。部屋にはお風呂はついておらず、2Fにある大浴場を利用します。広い内湯と露天風呂で体も心もぽかぽか。シャンプー・リンス・ボディソープはよくある安い業務用のものではなく、市販されているメーカーのものが各洗い場に置いてありました。赤ちゃん用のベビーソープやベビーチェアも完備。家族連れにはうれしいサービスです。

チェックアウトしてからもナガシマリゾートで存分に遊びました。帰る前には湯あみの島(もちろん通行証を利用!)も満喫。露天風呂もたくさんあり、きらきらと太陽の光が反射する川や滝を見ながらの入浴は気持ちよかったです。

今回は1泊の利用でしたが、全然遊び足りませんでした。また宿泊したいです。ちなみに、どの宿泊プランも2食付きなので、夕食を外で食べたい場合は少しもったいないかもしれません。

1泊朝食付きプランがあるといいのに、とは思いますが、夕食もかなり満足できる内容なのでホテルでのんびり過ごすと決めて宿泊されることをオススメします。以上、ガーデンホテルオリーブのレポートでした。