ホテログ

ホテル・旅館レビューブログ

口コミは最高?小豆島のオーキドホテルで「夕食&朝食」宿泊レビュー

今回私が泊まったのは、香川県の小豆島にあるオーキドホテルです。小豆島の玄関口として有名なホテルです。迷ったらこのホテルにぜひ泊まってみてください。という訳で今回は小豆島のオーキドホテルに泊まった宿泊レビューです!

オーキドホテルへのアクセス

フェリーの港から3分という立地の良さからここを選びました。ホテルへは、高松空港から高松港までリムジンバスで行き(約40分)、そこからフェリーで土圧港まで行きます(約1時間)。

リムジンバス、フェリー共に本数は割とありました。港に着いてからは、3分ほど歩けばつきます。ホテルの建物は、周りの建物と比べて高かったので、全く迷う事なく着くことができました。また、バス停もホテルの目の前にあったので、とても便利な立地です。

到着は早朝だったので、チェックインはせずに、荷物だけ預けました。ホテルのロビーに入ると、スタッフの方がすぐに出てきて迎え入れて下さり、丁寧に応対して下さりました。

その後、事前に調べてあったホテルが所有しているレンタサイクルを借りようとしましたが、既に全部貸し出されていました。その時点でまだ午前11時頃だったので、借りる予定のある方は、早朝に行った方が良いかもしれません。

予約はできないため、借りられなかった際の代替案を考えておくと安心です。ホテルの方によると、自転車は通常のものを7台、電動自転車を3台所有しているそうです。また、レンタカーも所有しているみたいです。

自転車が借りられず、途方にくれていると、ホテルの方が、バスの時刻表を持ってきて下さりました。丁寧に教えて頂き、エンジェルロードやオリーブ公園など、当初の予定の観光地に行く事ができました。ただ、バスの本数は少なく、場所によっては、数時間に一本で、終バスも早いため、計画をたてた行動が必要です。

いざチェックイン!アメニティグッズも充実

夜7時ごろにホテルに戻ってきて、チェックインをしました。部屋に入ると、3人での宿泊でしたが、ツインベッドに小さな補助ベッドが1台ではなく、3つとも同サイズのベッドだったので良かったです。部屋もとても広いわけではないですが、十分な広さがあり満足でした。

設備は、テレビや電気ポット、緑茶、冷蔵庫、歯ブラシや、髭剃り、タオル、浴衣などです。置いてある浴衣はMサイズのものですが、フロントの横で小さいサイズや大きいサイズのものに取り替えられます。

朝食&夕食で小豆島を満喫

朝食のみついたプランでの宿泊でしたが、調べるとホテルのレストランが美味しいそうなので、そこで夕食を食べました。7時過ぎに予約なしで行きましたが、空いていて待たずに入れました。

〇〇御膳という名前のセットになっているメニューも豊富にありましたが、今回は、ひしお丼というご当地の丼ぶりにしました。これは、海鮮丼に醤とオリーブオイルを混ぜたたれをかけると言うものでしたが、海鮮もボリュームがありとても美味しかったです。

お値段も1500円でリーズナブルだと感じました。ドリンクも種類豊富にあり、こちらもリーズナブルです。レストランは、夜8時半ラストオーダー、9時閉店みたいです。

その後、レストランと同じ階にある売店に立ち寄りました。後当地のうどんやそうめん、醤油、オリーブオイルなど一通りのものはそろっていました。

今回は、次の日も観光地でお土産を買う時間があったため、こちらで購入はしませんでしたが、時間がない方などはこちらでまとめて購入してもいいかもしれません。購入したお土産の配送もして下さるみたいなので便利です。

それから、再び部屋に戻り、数時間友人たちとゆったりした後、寝ました。ホテルに戻る前に、別の温泉に入っていたため、ホテルで入浴はしませんでしたが、部屋のお風呂とは別に温泉もついているみたいです。

翌日、朝食ビュッフェを頂きました。7時に行くと、そこまで人は多くなく、待たずに座れました。ビュッフェは和食と洋食で種類豊富で満足しました。小豆島産のオリーブオイルや、醬油も試せます。

とくに醬油は何種類かあったので、味比べが出来て良かったです。湯豆腐やお茶漬け、焼きおにぎりや、デザートのタピオカなど、ちょっと変わったものもあり嬉しかったです。

まとめ

チェックアウトは、私たちが急いでいたこともあり、30秒ほどで鍵を返したら終わりでした。すぐにチェックアウトできるのも嬉しいですね。もし小豆島でホテルに泊まる機会がありましたら、ぜひ!