ホテログ

ホテル・旅館レビューブログ

無料送迎・駐車場あり「クインテッサホテル大阪ベイ」の宿泊レビュー

今回私が宿泊したのは、大阪市の「クインテッサホテル大阪ベイ」というホテルです。JR大阪駅やUSJ、海遊館といった観光地や駅へ無料のシャトルバスがでており、移動がしやすそうだったため選びました。

 

シャトルバスを利用する場合はJR大阪駅からバスで30分、電車で行く場合はJR大阪駅からJR関西本線で弁天町駅まで行き、大阪メトロ中央線でコスモスクエア駅まで乗ります。駅から徒歩12分ほど歩きます。

 

無料で利用できる上に荷物もある場合はシャトルバス利用のほうがおすすめです。シャトルバスの中では大阪の観光名所などの紹介ビデオが流れており、わくわくした時間を過ごせました。

 

f:id:zakkiblog:20180513191022j:plain

 

「クインテッサホテル大阪ベイ」にチェックイン!

ホテルのロビーに入るとスタッフが丁寧に応対してくださいました。ロビーでは混んで待たされた際に子供の退屈しないようにミニオンのアニメが流れていたり、ミニオンやジンベエザメのかわいいぬいぐるみがおいてありました。子供連れでの宿泊にも向いてそうです。

 

宿泊費は前払い方式で今回USJの確約チケットの購入のプランで宿泊したためチェックインの際にUSJのチケット発券も一緒に行いました。女性にはスキンケアのプレゼントもありアメニティも充実しているみたいです。

 

f:id:zakkiblog:20180513191152j:plain

 

そのあと、ロビーからブティックと呼ばれる売店と食事スペースを通り奥にあるエレベーターで部屋に向かいます。今回宿泊したのは6階でした。GW中ということもあり宿泊者は多いようですが、部屋にいて騒がしさは感じませんでした。騒音等の対策を行っているのでしょうか?廊下や隣の音を気にせずゆっくりできます。

 

客室内(部屋)

部屋に入ると廊下のようなスペースがあり、入り口付近にトイレとクローゼット、その先に洗面所とお風呂、つきあたりが部屋という間取りになっています。トイレとお風呂は別になっているところもうれしいポイントでした。

 

f:id:zakkiblog:20180513191327j:plain

 

部屋は全体的に落ち着いた雰囲気で、ベッドの手前にソファーとテレビがあり、お風呂側に机と椅子があります。ソファーはどちらかというと固めのつくりですが座り心地もいいです。その分余計にベッドがふかふかで気持ちよく感じます。多少テレビの角度は動くようなのでゆっくりしたいときはベッド側に向けてくつろぐこともできそうでした。

 

冷蔵庫にはウエルカムドリンクのお水が人数分あり、コーヒーとお茶のティーパックも用意されていました。お茶のパッケージが歌舞伎の絵で外国のお客様に喜ばれそうなデザインです。

 

お風呂、トイレ、バスタブ

f:id:zakkiblog:20180513191431j:plain

 

そのあとにお風呂のドアを開けました。洗面台の部分と廊下は引き戸で閉めることも可能なため脱衣所として利用することもできます。お風呂はユニットバスではなく、湯船もゆっくりとしたつくりとなっていますので足を伸ばしてのんびり湯船につかることができる設計になっています。実際お風呂は気持ちよかったです。

 

f:id:zakkiblog:20180513191500j:plain

 

「クインテッサホテル大阪ベイ」周辺のサービス

アクセスとしては徒歩数分の場所にATCと呼ばれるショッピング施設があり、夜10時まで飲食店は営業しているため食べに行くことも可能です。ホテル内でもビュッフェ形式の朝食、夕食が別料金になりますが準備されています。

 

実際2泊目に夕食をいただきました。野菜多めのメニューでしたが種類も豊富だったためおいしかったです。お子様向けのメニューやデザートの種類も果物からケーキまであり、家族連れも多く見かけました。また中には外国の方もいてにぎやかな食事でした。

 

3泊し帰る際はスムーズにチェックアウトができました。帰りもチェックアウトの都合でチェックアウト時間後のシャトルバスでJR大阪に向かうことになりましたが、時間までロビーでバスを待たせてもらうこともでき助かりました。

 

公共機関だけでみると少し不便に感じることもあるかもしれませんが、シャトルバスの運行もあり、駐車場もあり、あまり移動に不便を感じることもなかったです。部屋もゆっくりくつろげる仕様になっていたため、また大阪に行く機会があれば利用したいです。